2020年05月30日
新着情報

シーリングのメンテナンスをお忘れなく

釜業サイディングは近年最も多く使われている外壁材です。

塗り替えの目安は一般的に10年ごとですが、継ぎ目に使われるシーリングはそれよりも早く劣化します。

シーリングは紫外線をうけることにより、劣化が進みます。

劣化するとひび割れたり剥がれたりすることがあります。

そのままにしておくと、シーリングの傷んだ部分から湿気や雨水が侵入してしまい、

建物の内部を痛めることにもなりかねません。

シーリングの寿命は5〜10年といわれています。

5年目を目安にひび割れや剥がれなどがないか、チェックしてみてください。

Follow me!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL